k8061

根尾菊花石

唐木台座石

幅28cm×奥行22cm×高22cm(台座込)

k8061-main
水石界紋様石の筆頭とされる根尾菊花石の中でも寂び枯れたサバ菊花の本格派です。旧蔵者は戦後の水石界を牽引した数奇者団体の「一雨会」において主宰であった巨人片山一雨翁の所謂"六人衆"と云われた同会副会長大石善四郎翁です。翁没後永きに亘りご親族の手により当時のまま港区虎ノ門の邸で収蔵されていましたが、翁で長兄のご好意により小社割愛の上、ご紹介させて頂く機会となりました。

寡黙で石の内面を静かに楽しんだ大石翁は産地ならではの石質に厳しく、又本石のように菊花石という紋様石においてでも水盤石として捉えることの出来る"寂び味"とウブなりを尊ばれました。

底部に僅かな叩き痕がある他、天然産出によるサバ菊を渋く現出するこの雅石は台座飾りは勿論のこと、銅水盤や海鼠水盤など色調地味な水盤合せで目利きならではの古雅深玄の味わい抜群の一席を現出する名石と云えます。 華美な菊花石が多い中、古老水石家の本領を今に伝える秀抜の一石をご紹介します。

ご注文の前に必ずお読みください

弊社が取り扱う商品は1点ものであり、実店舗でも展示販売しております。
商品情報は随時更新しておりますが、ご注文のご連絡を頂いてから在庫の確認をさせて頂いておりますこと、予めご了承下さいませ。

盆栽は季節によってその姿が変化し、掲載された撮影時の状態と、現時点での姿に生理上の変化が当然生じることをご理解下さい。
すべての商品が年代を経た古美術的要素が強い物が多く、経年変化による各品々の“スレ”や細かなキズは、著しい部分のみの記載とし、斯界通例の範囲でのイタミはご理解の上ご容赦下さい。

共箱が付いている商品に関しては、共箱付と表記してあります。箱付きと表記されているものは共箱ではありません。
品名・年代・留意点などにおける記載事項は、現時点における当方の理解と判断によるもので、目安として記しており、鑑定基準としては不備・不完全であって、この点において問題が生じても賠償等の責任は負いません。
○○

この商品への疑問点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはお電話・Eメールにて承っております。

お問合せの際は、「商品コード: k8061」とお伝えください。

048-565-4114受付時間: 平日 9:00 - 17:00

メールでのお問合せはこちら