E0195

貴船岩潟石

幅25cm×奥行15cm×高20.5cm

(日本水石協会・重要水石・登録番号341)(箱付)

IMG_0029
「京七石」に数えられる貴船石は、古都北部に位置する貴船神社の付近で産出される賓石。
その石肌は、仄暗い紅紫色の母岩の中に、緑色を含んだ様々な石色を示す閑雅なもので、古くより愛石家を魅了してきた。堅固堅牢な石相の貴船石において、本石は神韻響く景趣に富んだ逸品として斯界で夙に知られている。左方の山裾から深く刻まれた渓谷、中段には「観瀑台」とも見ゆる土坡部分。凝縮された大自然の姿が石中に顕現している。
底部に至るまで一切の加工痕の無い本石は、常陸国・水府で生涯を水石趣味に尽くした大家、川和清吉翁の遺愛品。平成の大家・水石界の良心・と謳われた翁の水石コレクションの多くは、生前に遺された『川和清吉・水石撰集』に所載されており、本石も岩潟石の巻頭を飾っている。併せて、日本文化の遺産として次代に伝承する目的で編纂された「重要水石登録」にも、その撰集第三巻に所載されている。
石と対峙すれば、石相を感得する観者の心が、そこに森羅万象を魅せる。水石趣味の醍醐味を貫いた、大家遺愛の名石をご覧下さい。

ご注文の前に必ずお読みください

弊社が取り扱う商品は1点ものであり、実店舗でも展示販売しております。
商品情報は随時更新しておりますが、ご注文のご連絡を頂いてから在庫の確認をさせて頂いておりますこと、予めご了承下さいませ。

盆栽は季節によってその姿が変化し、掲載された撮影時の状態と、現時点での姿に生理上の変化が当然生じることをご理解下さい。
すべての商品が年代を経た古美術的要素が強い物が多く、経年変化による各品々の“スレ”や細かなキズは、著しい部分のみの記載とし、斯界通例の範囲でのイタミはご理解の上ご容赦下さい。

共箱が付いている商品に関しては、共箱付と表記してあります。箱付きと表記されているものは共箱ではありません。
品名・年代・留意点などにおける記載事項は、現時点における当方の理解と判断によるもので、目安として記しており、鑑定基準としては不備・不完全であって、この点において問題が生じても賠償等の責任は負いません。
○○

この商品への疑問点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはお電話・Eメールにて承っております。

お問合せの際は、「商品コード: E0195」とお伝えください。

048-565-4114受付時間: 平日 9:00 - 17:00

メールでのお問合せはこちら