B-10

植松陶翠 瑠璃釉切立楕円水盤

幅36cm×奥行25.5cm×高3cm

IMG_7877
「陶翠七色」と呼ばれる程、陶翠水盤は 様々なランクによってその価値観が異なります。
本作は その中で最上位に位置する初代植松長太郎が作出した逸品中の逸品です。
昭和初期、この植松長太郎が興した陶翠水盤は、その窯場の職方 水野春松との合作によるもの、春松自身の手で作られたもの、大戦の空襲ですべてを失った陶翠が新たな窯場で制作した「早蕨陶翠」陶翠没後 春松の弟が、遺された陶翠の胎土と釉薬を使用して作ったもの、この弟が 自ら「緑寿庵陶翠」と名乗って制作したもの、一族が工場生産品として作り続けた「型押し陶翠」。目利き大家や名園主人達がその技と作品に魅了された初代陶翠の風評が、その後の作品群と混同されて、一般の愛好家の方々が、“不出来な陶翠”を掴んでしまうのも、基本的に使用されている落款が、初代が遺したものを踏襲したためです。
白地の胎土、深みある釉薬の美しさ、そして何よりも「豪の陶翠・柔の一陽」と謳われた、初代にしか出せなかった「線と造りの力強さ」は、今も語り継がれています
本作は、初代の貴重な中型水盤として、長く大家趣味者の手元にあったものです。
高騰時ならば 今評価の3~5倍だったものを、お手頃なお値段でご紹介させていただきます。

ご注文の前に必ずお読みください

弊社が取り扱う商品は1点ものであり、実店舗でも展示販売しております。
商品情報は随時更新しておりますが、ご注文のご連絡を頂いてから在庫の確認をさせて頂いておりますこと、予めご了承下さいませ。

盆栽は季節によってその姿が変化し、掲載された撮影時の状態と、現時点での姿に生理上の変化が当然生じることをご理解下さい。
すべての商品が年代を経た古美術的要素が強い物が多く、経年変化による各品々の“スレ”や細かなキズは、著しい部分のみの記載とし、斯界通例の範囲でのイタミはご理解の上ご容赦下さい。

共箱が付いている商品に関しては、共箱付と表記してあります。箱付きと表記されているものは共箱ではありません。
品名・年代・留意点などにおける記載事項は、現時点における当方の理解と判断によるもので、目安として記しており、鑑定基準としては不備・不完全であって、この点において問題が生じても賠償等の責任は負いません。
○○

この商品への疑問点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはお電話・Eメールにて承っております。

お問合せの際は、「商品コード: B-10」とお伝えください。

048-565-4114受付時間: 平日 9:00 - 17:00

メールでのお問合せはこちら